平穏な日々

3人家族。備忘録。

2017年2月6日

昼食は嫁がつくってくれたお弁当。カレー。

特に日記に残すような事はない、まさに平穏な1日。

 

19時30分過ぎに帰宅。いつもはママっ子の息子が今日は甘えてきて嬉しい。いつもより息子といっぱい遊ぶ。

 

昨日は夜中に目が覚め、植本一子の以前のブログ働けECDを読み漁る。

広告を非表示にする

2017年2月5日

日曜日、雨。4時頃目が覚めてしまい、なかなか寝付けず、寝ている嫁を無理矢理起こし、6時頃まで話し込む。それから二度寝。至福。

 

8時過ぎに起きて朝マックを買いに、簡単に朝食。

息子に、じいじとばあばの似顔絵を描いてもらい、ダイソーに額を買いに行く。あわせて、嫁は伊藤理佐「おかあさんの扉」最新巻の6巻を購入。

 

実家に両親を迎えに行き、焼肉屋で父の古希と母の誕生日を祝う。両親に息子の似顔絵を渡し、両親ともに大満足。

 

広告を非表示にする

2017年2月4日

大好きな馴染みのラーメン屋で昼食。

帰宅後、昨日購入した植本一子「家族最後の日」を一心不乱に読み進め、読了。

 

なんだろう…。夫のちんぽが入らないの時も感じた、他人事感。だからエンターテイメントとして、実話なのに、読書として楽しめるのか。

自分が軽薄で陳腐な人間なんだと改めて実感。

 

ただ…かなり名作。出来る限り多くの人に読んで欲しいと感じるし、石田家にお金が少しでも入り、医療費の足しになるのであれば、植本一子作品にお金を払いたい。

ECD作品にはではなく、植本一子作品にというのが不思議だけど、本心。

 

今日は嫁が職場のスタッフの誕生会の食事会の為、息子と2人で就寝。かなりグズったが、泣いてもいいよ、パパはずっと隣にいるよと言い聞かせ、なんとか寝付く。

 

広告を非表示にする

2017年2月3日

節分。母の誕生日なので電話する。

昼食にすき家の牛丼、並。

 

仕事帰りに植本一子「家族最後の日」を買う。

表紙の写真がかなり良い。少しだけ読み、ECDの奥さんであることに気付く。写真家らしく、他の写真み見てみたい。

 

19時30分過ぎに帰宅。リクエストしていたナポリタンを食う。美味い。息子も気に入ったようで二人でもりもり食べる。今までパスタはペペロンチーノ一辺倒だったが、最近は空前のナポリタンブーム。我が家のナポリタンはちゃんぽん麺で作る。麺がフワフワしていてナポリタンに合う。ビール2杯と嫁の恵方巻を少し貰う。

 

22時前にいつの間にか寝落ち。

 

 

広告を非表示にする

2017年2月2日

昨日会社の事務の女の子に貸した「夫のちんぽが入らない」早速読み終わったとのこと。夫婦の形の多様性についてしみじみ感想を言っていた。気に入ってもらえて何より。

 

夕食はずっと食べたかったトンカツを食べに行く。ロースカツ、ヒレカツのミックス。美味しかった。

 

伊藤理佐「お母さんの扉」の最新刊6巻が発売とのこと。土曜日に買いに行く予定。楽しみ。

吉田戦車「まんが親」最新刊も来月発売予定とのこと。それも楽しみ。

 

 

広告を非表示にする

2017年2月1日

昨日、読書好きな会社の事務の女の子に「夫のちんぽが入らない」を勧めたら読みたいと言ったので、貸すことに。勧める際にセクハラにならないようにかなり気を使いながら説明した。

 

11時開店の行列が出来るラーメン屋さんに行こうとしたけど、臨時休業で休み。いつもの馴染みのラーメン屋さんでチャーハンセット。ここのラーメンもチャーハンも絶品だけど、さすがにここ最近行き過ぎている気がする。

 

19時過ぎに帰宅。今日も嫁が買ってきたお惣菜で夕食。不満はない。ふきのとうの天ぷら、刺身の切れ端盛り合わせ、たこ焼きを食べながらビールを飲む。

 

子供を早めに寝かしつけ、今日こそはカルテットの3話を観る。やっぱり面白かった。来週も楽しみ。

広告を非表示にする

2017年1月31日

月末で少し忙しい。といはいえ、零細だか、わりかしホワイトな職場の為に、20時過ぎには帰宅。


嫁が皿洗いに集中する為に、夕食は、宅配ピザを頼んでいるとのこと。思いっきり、間食をしてしまっていたので、あまりテンション上がらず、その様子を雰囲気で嫁に指摘され、少し慌てる。


息子がハマっている、先日放送していた千と千尋の神隠しをまた観ながら食事。息子は全くピザを食べず、嫁に怒られる。


自分はピザを1枚だけ食べ、鯵のたたきをつまみながら、缶ビール2本。子供を早めに寝かしつけてから、楽しみにしていたカルテットをリアルタイムで観ようと夫婦で楽しみにしていたが、結局子供と一緒にそのまま寝落ち。


何度か目が覚め、隣で嫁がスマホをいじってるいのを確認。出会い系サイトだったら嫌だな、というマイナスなことを考えながら、微睡み、また寝た。



広告を非表示にする